NANKAI

南海橋本林間田園都市

南海橋本林間田園都市

INTERVIEW >

ABOUT >

ACCESS >

彩の台のケーキ店「プティ・アシェット」には、季節のフルーツを使ったケーキやかわいらしいラッピングの焼き菓子がずらり! ひっきりなしにお客さんが訪れ、ショートケーキやモンブラン、焼きドーナツなどが飛ぶように売れていきます。今回は、こちらで焼き物担当として働く笑顔が素敵な福永さんに、彩の台の印象やお店のことについてうかがいました。

プティ・アシェット 焼き物担当 福永有美(ふくながゆみ)さん

まさか自分がケーキを作るようになるとは!

Q.プティ・アシェットで働かれてどれくらいですか?
福永さん 今年で11年になります。担当は焼き物で、シェフと一緒にスポンジや焼き菓子、プリンなどを作っています。

Q.パティシエとして、別のお店でも働いていらっしゃったのでしょうか。
福永さん いえ、実は普通の主婦だったんです。子どもを産んでしばらくして、パートとして勤め始めまして。子どもの成長とともに働く時間を延長してもらう中で、お菓子作りについてここでイチから勉強させていただきました。もともとケーキは好きでしたが、まさか作るほうになるとは思っていなくて自分でもびっくり! 今でも、もちろん食べる方が好きなんですが(笑)。

若い世代が多くて活気のある
彩の台の街が好き

Q.彩の台の印象はいかがですか?

福永さん 私も橋本市民ですが、昔ながらの住宅地に住んでいるんです。そこに比べると彩の台は、若い世代の方がとても多くて活気もあって大好きです。若いママさんたちも、よくケーキを買いに来られます!

サクサク食感が楽しいモンブラン(230円)は
ラム酒入りの大人テイスト

Q.福永さんのお知り合いもよく来られるのでは?

福永さん そうですね、林間田園都市近辺でもよく知られているお店なので、みんな買っていると思います。ただ、私は基本的には厨房の中にいるので気づかれなくて。働いていることを伝えると「え、いたの!?」って驚かれます(笑)。

Q.今後の目標などを教えてください。
福永さん お菓子作りはとっても奥が深いので、今は教えてもらったことをその通りにこなすのが精一杯。「このケーキ、私が作ってるの!」とはまだまだ言えないので、いつか自信を持ってそう言えるように頑張りたいです!

オーナーの田中晃雄さんにもお話を伺いました!

お客さんの笑顔に応えられる
ケーキを作り続けたい!

Q.彩の台の印象はいかがですか?

田中さん 妻の実家が橋本市で、独立したい想いと彩の台の開発のタイミングが合致し、店を構えました。私自身も彩の台に住んでいて、とても快適な生活です。幼稚園や小学校がエリア内にあるので子どもたちにとってもいい環境だと思います。やりがいを感じるのは、やっぱりお客さんの笑顔! 「おいしかった」と言っていただけるのが何よりの励みなので、期待に応えられるよう日々勉強しています。これからも、地域の人に支持されるケーキを作り続けていきたいです。

プティ・アシェット
TEL:0736-32-2957
住所:和歌山県橋本市隅田町垂井511-4
営業時間:10時〜18時30分
定休日:水・第3木曜 ※祝日、
イベント時は営業